多くの患者が悩み苦しむ根深い痛みさえ筋膜リハビリテーションならすぐに解消へ!!

過去のセミナー満足度100% セミナーに参加して飛躍した成長を遂げたい方はこちらから



私がお受けする患者様の約90%はいずれかの病院などで診察を受けられた方です。
そして、多くの病院で回復が困難だった患者様が、
筋膜リハビリテーションによって痛みのない日常生活に復帰
しています。

第三腰椎を圧迫骨折し、入院をしていました。退院後も、足取りはふらふらしていて、ほとんど寝てばかりで、医師やリハビリの先生からは、痛みは取れないし、一生付き合っていくしかない、と言われていました。そんな中、友達の紹介で、松井先生に診てもらったところ、たった2回の治療で今では痛みなく歩けています。これからも時々診てもらおうと思っています。
[大阪府:90代女性 Y.Tさん]

私は3年前、事故で腕を悪くしました。松井先生と知り合ったのは以前先生が病院で勤務されていた病院で、事故からは1年半後でした。その時、医師からは腕の曲げ飛ばしは、今まで通りには難しいと診断されており、私生活も完全には厳しいとも診断されていました。一時期は腕の切断も考えた方がいいと言うほどでした。
そんな中、松井先生が私の体と正面から向き合って下さり、熱心に治療して頂いた結果、腕の曲げ伸ばしも今まで通りできるようになり、私生活に支障がない程に回復しました。治療に関しては痛みながなくリラックスして受けれる為、リハビリというよりは、マッサージに近いという感覚です。でも、終わってみると身体が楽になっています。
今後も調子が悪くなった際には、定期的に治療をうけたいと思っています。
[大阪府:20代男性 A.Tさん]

私は“首の真後ろ”と“腰”に長年のコリというか疲れが溜まっていました。そして松井先生に他にも気になるところがあれば何でも言ってくださいと言われたので、「最近、体が寒くてお風呂に入っても体が温まらない」と伝えました。
施術が終わった感想は、首の真後ろと腰は当然のように改善しました。
そして私が一番驚いたのは、毎日オイルヒーターを付けっぱなしにして、部屋をポカポカにしないと寝れない私がなんと、体が熱すぎてオイルヒーターを切らないと寝れないという程に、たった一回で冷えが解消されました。解消しすぎて暑過ぎると感じるほどでした。これには本当に驚きました。
痛みやコリを解消したい人には当然のようにお勧めですが、“冷え”を感じる人も是非、松井先生に施術をお勧めしたいと思います。本当に一回で体がポカポカになります。松井先生ありがとうございました。
[大阪府:30代男性T.Mさん]

これまでは自分の腰痛という悩みに対し、一般的なマッサージ店に通う、湿布を貼る、市販の腰痛に効くとされる薬を塗る等という方法で日々の疲れ、腰痛の痛みを和らげていましだが、信頼おける人からの紹介で、日々悩まされていた腰痛が少しでも楽になるのであればと期待し、筋膜治療を決意。 ※腰の痛みは一番お尻に近い背骨付近が中心。
「筋膜」ということに関する専門知識は全くなかったが、治療前にわかりやすく体の構造説明を説明してくれた後に治療開始。「治療」と言っても痛みは伴わず、実際には普段はしないような専門的なストレッチをしているような感じで治療が進みました。自分しかわからない痛みを先生と共有しながら進めるスタイルで治療していく過程に安心感がありました。
治療は患部だけを動かす治療にとどまらず、「痛みがない部分も間接的に患部を悪くしていることにつながる為、治療することで全身から痛みの根絶を目指すことが必要」との説明を聞いて理解できました。
どよ~ん、もやもや~っとした重たい感じの腰からゆっくりと、ジワーっと体が温かくなるような感じを受ける中、激しい痛みが消える瞬間を実感できるのは僅か1回の治療で4,5箇所あり、腰とお尻が軽くなったこと、患部の痛みがなくなりました
※治療日翌日にマッサージ特有の「揉み返し」も全くなく、体は軽いままです。
治療翌日のその他では、足の裏を自分でマッサージする際に激痛があった部分まで痛みがなくなっています、今年一番のおならが出ました、翌日の朝ごはんを食べるとすぐに汗をかき始めました、これらは直接治療と関係があるのか不明ですが、とにかく腰の痛みが消えたことで苦痛からは解放されています。個人差がある為、どの程度痛みがない状態が継続するのかわからないとの説明もあったが、痛みが出ない状態がこのまま維持できれば、控えていたウォーキング等も再開しようと前向きになれる為、健康につながる体作りに意識が向き、好循環となると思いました。痛みが根絶した状態が、このまま持続することを期待したいです。たくさんの人に「筋膜治療」を知って欲しいので、追加の経過報告も待っていていただきたいのですが、取り急ぎ、治療の速報までにしておきます。
※1年後全身の痛みは全く出ておらず、現在も調子が良いとの連絡もありました。
[大阪府:30代男性T.Fさん]

私は第12胸椎の圧迫骨折以降、退院して1,2年くらいは腰痛、めまい、肩、頭痛で本当に大変で、病院で薬をもらっても治らず、鬱になったのでは、とそんな気持ちでした。家事もしないといけないのに、起き上がるのも痛くて大変でした。
松井先生は家族の治療のついでに、ということで診てもらうことになったのですが、はじめは「なんだマッサージ屋さんか」くらいに思ってて。でも、2,3回くらい受けると、腰が楽になって、肩も良くなっていったから、うまい人だなぁ、なんて思っていました。今では腰の痛みは全然なく、毎晩出ていためまいが、何年振りかになくなりました。今はもう薬いらずです。
たまに、犬の散歩で肩を痛めることもありますが、先生に診てもらったら、すぐに治るし、すごく助かってます。
[大阪府:80代女性 W.Yさん]

過去のセミナー満足度100% セミナーに参加して飛躍した成長を遂げたい方はこちらから

筋膜リハビリテーションとは人間の全身に張り巡らされている筋膜を、本来あるべき状態に調整することで、体が感じる不調や不快感、痛みから解放する手技です。
筋膜は体を正しい状態に保つための器官であるとも言われています。筋膜は皮下組織から存在し、骨、内臓器官、血管、神経など体のあらゆる部位に張り巡っており、足の裏から頭の先まで一つながりでつながっているものもあります。筋膜リハビリテーションでは、体のバランスの異常や発生する痛みに対して、9つの筋筋膜経線を活用し、「影響を与えている異常」を解消することで、患者を痛みや不快感から解放し、痛みが出ない体にしていく手技です。

従来のリハビリテーションは、治療時に痛みを出してでも局所の問題を改善していくというものでした。しかし、それでは回復するまでには、かなりの時間を要し、かつ患者に精神的な苦痛を与え、さらに負の感情を抱かせてしまいます。
筋膜リハビリテーションでは、無痛リハビリによる筋膜治療を推奨しています。体の本来あるべきバランスを整えることで、負の感情を作ることなく短期間で痛みの原因を根本から治療します。また、筋膜は可塑性なため、整えた状態を中長期的に維持しやすく、短期間で痛みの根絶治療が可能になります。

世の中にあるさまざまなリハビリテーションの手技は、状態の改善を目指すために痛みを伴うものが多いのが実情です。筋膜系の手技でも同様に、痛みを伴いながら、筋膜を緩める方法などが一般化しています。しかし、痛みを伴う手技は、反対に患者の筋膜の委縮を生み、より状態を悪化させる可能性があります。
筋膜リハビリテーションは、患者に痛みを与えず、筋膜を解放する「ヘドニックポイント」を意識して手技を行います。ヘドニックポイントは、痛みと気持ちよさの中間にある感覚です。日本的な表現で言うと、「いた気持ちいい」と捉えがちですが、無痛リハビリですので痛みは存在しません。気持ち良いの向こう側に筋膜が解放される感覚が存在します。
適切な圧が必要な筋膜治療でも、患者が心地よく手技を受けられるのが、筋膜リハビリテーションのテクニックなのです。

過去のセミナー満足度100% セミナーに参加して飛躍した成長を遂げたい方はこちらから

私がこの手技を学び、広めようと思ったきっかけは、作業療法士として病院に勤務していた時の出来事がきっかけです。
肩関節周囲炎に苦しむ患者様のリハビリに立ち会っていた中で、足部の「ある部分」に触れた後、肩をあげてもらうと、それまで上がらなかった腕がスッと上がりました。もともとこの現象が起こることは知っていたのですが、それがなぜだかわからない。同僚に話しても「理由がわからなければどうしようもないですよ」と、突き放されるような返答。
「だったらこの現象をちゃんと医学的に説明できるようにしよう!そうすれば多くの患者が苦しく痛みを伴うリハビリから解放できるんじゃないか!」と思い、私はさまざまな文献や研究発表を調べました。

調べる中で出合った、当時欧米で発表された筋膜に関する研究発表が、私が感じていた「不思議な現象」を解明するものでした。私はそれから約2年間、さまざななセミナーや研究会にも参加し徹底研究を重ねました。そして、患者様にとっても理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の皆様にとっても良い結果をもたらすこの手技を広めるべく、日本筋膜リハビリテーション協会を設立しました。

セミナーでは、私が私財を投資して学んだ知識を、時間の許す限りすべてお伝えします。他セミナーで行っている、その場限りのセミナーテクニックではありません。すべてが人間の体の構造に基づくロジックと、それを実践する手技です。セミナーで学んだことを現場で実践してください。劇的に患者様の状態が変わる実感を得られます

大阪府枚方市出身 作業療法士
■職歴:介護老人保健施設、病院(急性期、回復期、維持期、外来)で作業療法科のトップとして勤務後、2012年に自由診療で開業し、現在に至る。2013年に日本筋膜リハビリテーション協会を発足する。自由診療では、1回25,000円からの高額治療を行い、開業翌年には売上900万円前後あり、現在も口コミだけでお客様からの依頼が数多くある。しかし、一方で自由診療では今後のリハビリテーションの質は上がらないと判断し、2014年より病院勤務を行うとともに、同年、筋膜研究会グループを結成する。今後のリハビリテーションを最新のエビデンスに基づいた質の高い治療ができるよう活動を行っている。
■個人契約の主なクライアント様
ミシュラン5つ星パビリオンホテル料理長:中東俊文様
ミシュラン5つ星パビリオンホテルシェフ:福田賢斗様
日本料理の名店 ミシュラン2つ星 草喰なかひがし :中東久雄様(プロフェッショナル仕事の流儀にも出演。)
その他、契約上非公開:病院経営者様、テレビ関係者様、大手新聞社様、日本最大手イベント株式会社社長様、海外輸入株式会社社長様、リサイクル株式会社社長様、現役モデル、他若年者様から高齢者様まで。
■会社契約のクライアント様:契約上非公開
有名建築会社社長および役員の皆様、有名デザイナー様、有名神主様など。

実際のセミナーの様子動画でご覧ください。
これまでのセミナーに参加した方からの声

                 【★★臨床経験後に頂いた感想文★★】

ST 5年目
9月28日の喉頭挙上調整セミナーに参加させていただきました、○○○○と申します。
先日は大変為になる講義をしていただきまして、ありがとうございました。
会場でも先生に少しお話させていただいたのですが、発症後経鼻経管栄養となり、ST場面でのみアイスクリームの摂取をする練習を行っていた患者様(80代の方です)が、先生に教えて頂いた方法を訓練に取り入れ、現在三食経口摂取に至るまでに改善致しました。
もちろん全ての問題点が解決したわけではありませんが、今後は施設等への検討も可能となり、私自身とても嬉しく感じております。
現在第二子を妊娠中の為、当面は先生の講義に出向くことができませんが、落ち着きましたらまた参加させていただきたいと思っております。ST向けの運動学等にとても興味がありますので、またよろしくお願いいたします。
ご報告と御礼を申し上げたくて、突然ご連絡をしてしまいすみません。
本当にありがとうございました。
先生のご活躍をこれからも期待しております。

PT 4年目
先生のデモを見学させて頂いてから、まだまだですが筋膜ラインの理解が深まってきています。 実際にあれから臨床においても筋膜ラインを考え対応することで、今まで以上に良い結果が出せています。
あと、デモの際に先生が、気持ちよくて寝てしまう方もいると仰っていましたが、その意味が少しだけ分かった場面がありました。最近、少し触れるだけで痺れが増強し痛いと言われる繊細な方のリハビリをさせて頂きましたが、そのような方でもタッチに気をつけて対応することでけっこうぐっすりと眠られていました。
いつもは痛みで全然リラックスできないようですが、そのときは気持ち良くて寝てしまうと仰られました。そして起きたときには痛みがほとんど良くなった状態までもっていくことができました。
担当でも副担当でもないのであまり関わったことがない方でしたが、しっかり効果を出すと患者様の方から積極的に名前を覚えようとして頂けました。そして、私にはあなたのやり方が一番合うね、との嬉しい言葉も頂き最高でした!訓練を始める前は全然ダメです、と言っていた方が終わる頃には、快調!と言われるまでに。
他の患者様もそうですが、しっかり効果を出してあげると、初めて痛みや痺れの辛さというものを本音で語って頂けます。そういうことを聞いて、最近改めて痛みや痺れがあることの辛さについて考えさせられます。
結果が出せると、やはり楽しいですね。嬉しかったですし、これも先生のおかげであるので報告させて頂きました!長々と読みにくい文章で申し訳ないです…。
まだまだ全員に対して良い治療結果が出せているわけではないですが、少しでも多くの方に楽になって頂けるために精進していきます!次のセミナーが楽しみです。

PT 5年目
筋膜セミナーを受けて、なんとなくの理解から少しずつ確かなものに変わりつつあります。
テクニックセミナーはとても勉強になりますが、今回治療見学させて頂き実際の治療を見ることで、松井先生がどのような考えで治療に取り組んでいるか、筋筋膜経線をどのように応用しているかを知る事が出来て本当に勉強になりました。日ごろの臨床で、それまで優先順位の低かった筋膜へのアプローチを真っ先に行う事が増えてきました。そして患部を触らずに治療することも多くなりました。
「痛いところ(肩甲骨内側)は触らないでくれ」という訴えがある患者様に対し、SPL、SBLを特に意識して、肩甲骨内側を触らずにアプローチした結果、痛みがなくなり、「夜ぐっすり眠れた」とのお声を頂きました。「今までは下手な人にやられてもみ返しが酷かった。先生は触り方が違う。」とも言って頂き、信頼を勝ち取ることもできました。これはタッチを意識し、ヘドニックポイントをきちんと捉えれた結果だと認識しています。自分自身まだすべての経線を理解できていないし、治療も完璧には行えません。ですが治療の幅が広がり、質も高まっていると感じます。今後も筋膜の理解を深めていこうと思います。

PT 4年目
頸部後面から左肩甲帯にかけてVAS100mmの痛みを訴える頚髄症術後の患者さんの痛みが
全くとれず、困っていました。中から針金が突き出してくるという訴えがありましたが、圧痛は全くなく
ストレッチ後も疼痛は軽減せず投薬によるコントロールに頼るしかありませんでした。
しかし投薬によるコントロール後もVAS60-70mmと依然痛みは残存し、困っていました。
そして松井先生のセミナーで知った筋・筋膜リリースを、さっそく自分なりに考え患者さんに実践したところ
1回の治療でVAS0mmと今までどうしようもなかった痛みが全くなくなってしまいました。
患者さんには大変喜んでいただき、そして何よりも自分自身が驚きと感動で大喜びしてしまいました。
今後もより深く手技や考え方を吸収して、
より深い治療ができるように頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

            【★★喉頭・舌骨の挙上調整セミナー受講生の感想文★★】

ST 3年目
実技が中々難しいですが、身に付けたら、入居者にとって良いアプローチができると思います。
STでもPTやOTのようなアプローチができるんだぞと思わせることができていいのではないかと思いました。
内容の濃いセミナーに参加してよかったです。今後に活かしていきたいです。

ST 3年目
三河で開催される勉強会は少ないので、これからも三河で開催して頂けると気軽に参加できます。
時間外まで私たちが納得するまで何度も教えてくださりありがとうございました。

ST 2年目
1対1で実技も丁寧に教えて頂いて凄く良く分かりました。座学もきちんと理由を学びながらやれたので、わかりやすかったです。
自分もとても気持ちよかったので、患者さんも楽になってもらえるよう練習していきます。

ST 4年目
今まではなんとなくぼんやりとした気持ちで頸部のストレッチといいながら治療している気でいたのですが、本セミナーを受講させて頂いて筋膜とは何なのか、どのように触れるとどういった効果が出るのかということを細かく説明いただけて物凄く勉強になりました。
そして、かなりの衝撃を受けました。しっかりと復習をして自分のものにして臨床に活かしていきます。
そして、もっと筋膜の勉強をしたいのでベーシックにも参加させて頂きたいです。本日はありがとうございました。

ST 5年目
本日の金沢での舌骨 喉頭挙上のセミナーありがとうございました。今まで、筋膜リリースについて漠然と、やると変わるんだなぁ、という認識しかなく、一時的な結果しか出せないことに不安や自信が持てませんでした。
今回のセミナーを受け、医学的な根拠からの説明、また技術の実技を親身に分かりやすく教えて頂き、また、効果が出るところを目の当たりにして、目から鱗が出る想いでした。
金沢にきて、このセミナーを受け非常に有意義な時間を過ごさせていただきました。
明日から実践して使えるよう頑張ります。
また、機会がありましたら是非とも学ばせてください。
本日は本当にありがとうございました。

ST 3年目
嚥下障害の患者様に行うプログラムの中に顔面や頸部のマッサージやストレッチ等組み込んでいますが、分からないことが多く、また、リスク管理に不安を抱えたまま行っていることに疑問や恐れを抱いていました。数あるセミナーの中でもこのような内容のものを求めていたので、明日から臨床で行うことをセミナー中から描きながら楽しく大変参考になりました。
実習も多く助かりました。必ずベーシックに参加します。
私個人の悩みまで施術、お答え下さりありがとうございました。
先生方のやさしさや情熱が手から伝わってきました。
ハンドパワーに心も体も頭も充電されました。
また宜しくお願い致します。

ST 12年目
高齢の方を対象としており、姿勢不良に対するアプローチを積極的に取り組んでいます。もちろん円背の方もおり、「飲み込みにくい」という訴えをよく聞きます。頸部から肩にかけてアプローチばかり行っていましたが、横隔膜が重要であるということを知り、明日から早速アプローチ方法を変えていきたいと思います。技術の習得が先ですが・・・。先生方の熱心なご指導のおかげで、持ち帰ってからもしっかり練習できそうです。ありがとうございました。

ST 1年目
普段の臨床現場で嚥下障害の患者様を担当させて頂いた際、頸部や頭部ばかり中心にアプローチをし、胸郭等、全身に対してのアプローチをしておらず、全身が関与していることを気にしていなかったので、今回のセミナーで全体へのアプローチが大切だということだけでなく、PT、OTとのチームアプローチも重要だと再認識しました。
恒例の方が多い職場なので、喉頭が下垂している人が沢山いて、どうアプローチすべきか、悩むことも多かったので、今日学んだことを自分のものにして、患者様の手助けができればと思いました。
とても有意義な講義をありがとうございました。

ST 3年目
対応が丁寧でとても分かりやすかったです。
基本的な知識から説明して頂いたので、ほとんど知識がない私でしたが理解できたように思います。
早速明日よりセミナー中に思い当たった対象の方へのアプローチできたらと思います。
ありがとうございました。

ST 14年目
手技を丁寧に教えて頂き(全体のデモだけで分かりにくかったことをフォローして頂き)理解しやすかったです。
力の加減や、さわるポイントなどが修得しきれず繰り返し練習が必要と感じました。
自身がよりセンシティブにならないといけないと思いました。
またこのような勉強会に参加させて頂きたいと思います。
丁寧にありがとうございました。

ST 11年目
勤務している病院は超高齢化地域なので疾患背景、合併症に2次性廃用の方が多いです。
今日学んだことは非常に有効になると思います。
ありがとうございました。
骨盤、下肢のことも学びたいです。

ST 16年目
筋膜リリースの理論が良く理解できました。
解剖の知識も乏しかったのですが、安心して受講できました。
発声や呼吸などへの活用方法があれば、次回教えて頂きたいと思います。

OT 8年目
少人数で熱いセミナーありがとうございました。
マメに回って頂いて分かりやすかったです。
触り方など基本的なことをもう一度見直します。
また宜しくお願い致します。

ST 7年目
理論や基礎からの講義で理解がし易かったです。
実技にとても時間をかけてくださったので、実践もし易かったです。
繰り返し繰り返し実際に行って、技術を身に付けていきたいです。
ありがとうございました。

ST 6年目
筋肉の位置など頭の中では何となく理解で来ていても、実際に治療を行う時は合っているのか疑問がありました。
今回の実技では1つ1つ確認しながら進めることが出来たため、とても勉強になりました。
まだまだ自身がありませんが、しっかり練習して身に付けていこうと思います。
ありがとうございました。

ST 9年目
円背へのアプローチの考え方、順番など今まで知らなかった知識を得ることができました。
技術面は力の入れ加減が難しかったですが、練習重ねながら実践してみたいです。

ST 5年目(臨床経験後12/2にご連絡がありました)
9月28日の喉頭挙上調整セミナーに参加させていただきました、○○○○と申します。
先日は大変為になる講義をしていただきまして、ありがとうございました。
会場でも先生に少しお話させていただいたのですが、発症後経鼻経管栄養となり、ST場面でのみアイスクリームの摂取をする練習を行っていた患者様(80代の方です)が、先生に教えて頂いた方法を訓練に取り入れ、現在三食経口摂取に至るまでに改善致しました。
もちろん全ての問題点が解決したわけではありませんが、今後は施設等への検討も可能となり、私自身とても嬉しく感じております。
現在第二子を妊娠中の為、当面は先生の講義に出向くことができませんが、落ち着きましたらまた参加させていただきたいと思っております。ST向けの運動学等にとても興味がありますので、またよろしくお願いいたします。
ご報告と御礼を申し上げたくて、突然ご連絡をしてしまいすみません。
本当にありがとうございました。
先生のご活躍をこれからも期待しております。

ST 5年目
講義も実技も非常にい丁寧に熱心に説明して頂き分かりやすかったです。臨床においても役立つ頻度も大変多いテクニックだと思いますので、積極的に実践していきたいと思います。ありがとうございました。

ST 6年目
・1対1で教えて頂けたのは分かりやすくて本当に良かったです。
・講義やその他説明などの中で、慣れない横文字(リリース、テンションなど)が突然出てくると分かりづらい部分はありました(途中からなんとなく分かってきますが・・・)。もう少しST向けに言葉を直してもらえるとありがたいです。
・資料の写真にそれぞれ写真の近くに番号をふってもらえると良かったです。

ST 6年目
実技の時間を多くとっており、質問もし易かったので良かったです。解剖等基礎的な部分が分かっていないので、その辺りをもう少し聞くことができるスケジュールであればより良かったと思います。

ST 4年目
質問しやすい雰囲気で分かりやすかったです。
筋膜リハビリに興味を持ちました。
筋膜リリースの手技の基礎を学ぶ時間がもう少しあるとさらに理解がし易くなったかなと思います。

ST 4年目
丁寧に指導して頂いたので分かりやすかった。
資料の図が小さくて見にくかった。

ST 5年目
・STベーシック講座
複数回大阪まで伺うのは経済的に難しいです。
ダイジェスト版が開催される日を期待しております。
・1年に1回でも岡山で開催して頂けるとありがたいです。
県士会や岡山大学歯学部(スペシャルニーズ歯科センター)にて講師として来て頂けると嬉しいです。

ST 4年目
とても充実した内容で講師の先生方の熱意もすごく伝わりました。
初めて筋膜リハというジャンルを知って、もっと詳しく今後勉強していきたいと思いました。
メカニズムをより知った上で臨床に活かしていければと思います。
どうしてもすぐに使えるようなものを得たい気持ちが強く、今回の内容はもっと知識を増やした上で使っていきたいと感じました。(今の自分ではまだ少し自信がありません)

ST 9年目
「筋膜」についてほとんど知識がないので、頸部だけに目がいっていた。STにとっては目からウロコ的な内容で、実際明日からのSTリハをどうしたらいいか戸惑ってしまいそうです。

ST 13年目
気づかいのあるセミナーで良かったです。早く患者さんに触れて治せるSTになりたい思いでいっぱいです。

ST 1年目
円背の患者様が多いので、今回学んだ技術を活かして頑張りたいと思います。

ST 8年目
解剖学の知識が自分に不十分だったため、全身の解剖を理解してからもう一度復習してみようと思います。ありがとうございました。

ST 8年目
筋膜リリースの本を見たことはあったが、実技を受けるのは初めてでした。実際に受けてみて即時効果を体験できたので、臨床に使っていきたいです。

ST 1年目
解剖学、生理学の知識が足りないところがありましたが、細かく教えて頂きとても分かりやすかったです。
実際のテクニックを教えて頂き、実際にどんな患者にやっていけばいいのか想像しながら行うことができました。

ST 10年目
・実技、丁寧に教えて頂きました。
・先生の熱い説明よかったです。
・もしよければ2日間みっちりのほうがいいかも。STは解剖が弱いので。

ST 7年目
内容が豊富で非常に勉強になりました。
触診については経験も必要で数を多くやる必要があると感じました。病院に戻って患者さんにも実践していくのと同時に健常者での練習も行っていきスキルを高めていきたいと思います。

ST 2年目
筋膜について全く無知でしたが、明日からの臨床で利用して行けそうです。丁寧なご指導、ありがとうございました。

ST 1年目
左右のデモンストレーションが分かりやすかったです。
筋膜リリースの触感覚の経験が無いので実感があまりわかず難しかったです。

ST 4年目
解剖だけでなく、臨床にすぐ活かせそうなテクニックも教えて頂き、充実した講義でした。
丁寧なご指導ありがとうございました。

ST 2年目
テクニックでは分からないところを先生が何度もレクチャーしてくれたおかげで、何とかイメージが掴めました。
明日から使用してみて、また分からなければ、また質問などをさせてください。
ありがとうございました。

ST 1年目
筋肉を触る機会もない中、胸郭を広げることから教えて頂けたことはとても参考になりました。頸部の斜角筋はとても難しかったですが、筋肉へのアプローチをすることで嚥下に関わる筋力への効果をもたらすということなので練習を重ねていきたいと思います。筋肉と嚥下が関わっていることを改めて勉強させて頂きました。
1年目でまだまだですが、また機会があれば参加させて頂きたいと思います。ありがとうございました。
丁寧に教えていただけてとても良かったです。
またお願い致します。

ST 2年目
いつも座学が多い勉強会に参加しており正直集中が持たないことが多かったですが、テクニックを用いた講義が主であり、久しぶりに積極的になれた勉強会でした。
日頃から頸部にアプローチすることも多く、PTスタッフに教えてもらうことが多かったのですが、座学の基礎学習によりアプローチしていたことがより理解が深まりました。
まずは今回学んだものを自分のものにして応用していけたらと思います。
ぜひSTでも使える実技シリーズものを沢山増やしてください。
また受講します。

ST 5年目
スタッフの方が1人1人付いて下さり、実技が非常に分かりやすかったです。
頸部に対するアプローチについて悩んでいたため、明日の臨床に活かしていきたいと思います。
他のセミナーも東京で実施して頂けたら、、、
ありがとうございました。

ST 12年目
講義、理論はとても分かりやすかったです。
手技方法も丁寧に教えて頂き良かったと思います。

ST 3年目
解剖がなかなか理解することができず触診もできない日々でした。
納得できるまで教えて頂き、明日からの治療に役立てていきたいと思います。
とても充実した研修会でした。

ST 1年目
本日はありがとうございました。
慣れないもので筋の位置など分からないことが多く何度も教えて頂きました。何度も触れていくことで感覚が分かることもあったので実際の臨床でも実施していきたいと思いました。

ST 6年目
包括的に全身をみるアプローチの重要性は理解していましたが、解剖というSTの弱い部分を痛感させられました。
患者さまが「気持ちよく」「痛くなく」「効果が見える」テクニックを学べることに感謝しています。
何度でも理解できるまで、一生懸命に教えてくださってとても楽しかったです。ありがとうございました!

ST 8年目
筋肉に対するアプローチは自信がなく今日のセミナーも不安でいっぱいでしたが、実技の際には先生方に質問しやすく、少しでも徒手的な手技、知識を深めるきっかけになれたのではと思います。
現場に戻って患者さんに合わせて行えるよう再度勉強していきたいと思います。
今日一日ご指導いただきありがとうございました。

ST 5年目
丁寧に繰り返し教えて頂いたので良かったです。
他のこういった実技中心のセミナーと異なり、1つ1つの実技に十分な時間があり、分かりやすかった。
メールで質問してもOKというのが嬉しく有難いです。

ST 2年目
解剖学に関しては、自分の知識不足のせいでなかなか頭に入ってこない状態でしたが、、、
実技では先生方が丁寧に教えてくださったので、とても分かりやすかったです。
本当にありがとうございました。

ST 2年目
今まで座学の勉強会にしかいったことがなく、今回のような実技が多くあるのは初めてでした。今までは実際患者様に対面した時に応用することが難しかったですが、今回の受講で患者様に触れることが怖くなくなり、身に付けて有効に使っていきたいと思います。
とても有意義な時間でした。ありがとうございました。BASIC楽しみにしています。

PT 8年目
本日も非常に濃い内容で大満足でした。
斜角筋の触診は改めて学習することができて良かったです。
横隔膜のリリースは他のセミナーよりも分かりやすかったです。
肩関節周囲炎、圧迫骨折、BASIC上肢・頸部のセミナーで教えて頂いた内容は、臨床でも非常に良い結果が出ております。
今後もセミナーを楽しみにしていますので、宜しくお願い致します。

ST 2年目
少人数で分からないことがあれば、スタッフの先生方が丁寧に指導してくださったので、とても分かりやすかったです。
もう少し基礎の筋膜の触り方や感覚を身に付けていきたいと思っています。今後セミナーがあれば、是非参加したいと思います。
明日から早速り印象で使えるよう頑張ってみます。
講師の先生、スタッフの先生方も、本日は貴重なお時間を頂き、貴重な経験をさせて頂きありがとございました。

ST 3年目
解剖の知識が乏しかったため理解が遅くなりましたが、貴重な手技やと思います。
この講義のDVDが欲しいです。

ST 2年目
頸部の周囲の筋肉の触診等、勉強会に参加したことはありますが、筋肉の場所などはなんとなく理解できるものの、実際どのようにいアプローチしていいのか分かりませんでした。
今回の勉強会では、アプローチの仕方に重点を置いており、スタッフの方も丁寧に対応して頂き、とても分かりやすかったです。
ありがとうございました。

ST 7年目
・自分の体で体感できたことと、被験者になることでどういう風に触られると嫌じゃないか、今後臨床で自分がどう触るといいかを学べました。
・先生に治療してもらい実感がものすごくあり感動しました。
・次回、もう少し深く学べるセミナーがあれば参加したいです。
・今回、ST対象なので参加しやすかったです。ありがとうございました。

ST 3年目
筋膜について全く知識のないまま参加しましたが、実技前にしっかりと講義もしてくださり、勉強になりました。 実技中も、分からないことがあればすぐ質問することができ、時間をかけて教えてくださったので、他の講習や勉強会の実技よりも、理解度は高くなりました。
本日はありがとうございました。次回、また嚥下に関わる内容のものがあれば、是非参加したいです。

ST 7年目
慢性期リハに移り、全身の緊張が高く、頸部伸展、開口状態のケースばかりで何ができるかを考えていました。他の研修などで体幹、脊柱をゆるめ、楽に臨床ができるようになっても、いつも肩~頸部の問題が解決できず悩んでいました。腹部を触ればゆるみが出ることは何となく感じていても、その理屈がわからなかったので、今回とても勉強になりました。また、痛みの出ない治療の力加減も体感出来ました。斜角筋の捉え方が難しく時間がかかりましたが、最後には場所と触り方もわかったので、明日試してみます。ありがとうございました。

ST 9年目
筋膜へのアプローチということでとても興味深い内容でした。部分的にしか見れていなかったことに改めて気づきました。全身へのアプローチを考えていきたいと思います。熱心な先生方の講義を受けれてとても勉強になりました。ありがとうございました。

ST 7年目
今まで過緊張のある部位だけに直接アプローチをしていましたが、原因をたどるともっとほかのところにあるということが解りました。広い視点で評価しないと根本的な解決にならないことが分かったので、もっと体全体の繋がりが分かるように勉強していきたいです。 あと、触り方や触る位置がほんの少し違うだけで、効果が全然違うことも分かりました。ST向けのこういった勉強会はなかなかないので、これからも、たくさん開催して頂きたいです。ご丁寧に指導して頂き、ありがとうございました。

臨床検査技師 10年目
職種は違いますが、勉強になりました。
嚥下障害を持つ母にリハビリをしたくて、でも、やり方がわからなくて、ネットで探してたら、このセミナーを見つけました。
特に難しい知識、技術ではなく、理解したら誰でもできる、とても参考になり、さっそく実践してみたいと思います。ありがとうございました。

              【★★圧迫骨折セミナー受講生の感想文★★】

OT 3年目(臨床経験後ご連絡がありました)
今回の勉強会でレントゲン画像を細かく見ることの重要性を再確認いたしました。臨床においても画像をもとに短縮固定と伸張固定を判断し、アプローチすることで治療効果の出やすさが格段に向上しました。今まで視診と触診で曖昧に評価してしまっていたことが悔やまれます。
リハビリ後に患者様からいつもと違う表情で「リハビリする前とは全然違うね。痛くないしすごく楽。」との声を頂けました。 本当に、臨床での効果が出たことへの驚きと納得した治療で得た自信が本当に嬉しいです。セミナーは非常に細かく指導して頂いたことが、とても活きたと思います。
ありがとうございました。
また、他のセミナーも参加したいので宜しくお願い致します。

PT 8年目
本日も非常に濃い内容で大満足でした。
斜角筋の触診は改めて学習することができて良かったです。
横隔膜のリリースは他のセミナーよりも分かりやすかったです。
肩関節周囲炎、圧迫骨折、BASIC上肢・頸部のセミナーで教えて頂いた内容は、臨床でも非常に良い結果が出ております。
今後もセミナーを楽しみにしていますので、宜しくお願い致します。
※嚥下障害のセミナーに受講していたときの感想文に、以前のセミナーのことを書かれていたので引用しました。
※この方は、最後までトレーにイングを行い、これからのPT,OT、STが絶対に必要としている内容だから、是非これからも皆に伝えていってほしい、BASICの下肢、体幹を受講できなかったのが本当に残念。また再開してほしい。
PT、OT向けにもっともっとして欲しい、との言葉を何度も頂きました。
大変理解の深い方からのお言葉ありがとうございました。

PT 24年目
初めて筋膜リリースを学びに来させていただき、大変有意義で勉強になりました。触診の復習、再学習にもなりました。患者様の痛くない治療方法であることが、臨床で使っていきやすいと思いました。また、勉強していきたいと思います。

OT 2年目
講義ありがとうございました。
施術者としては、どの程度、どの方向に力を入れると良いのかが難しく感じましたが、短時間で結果が出て感動しました。
また練習して臨床現場でも実践していきます。

PT 1年目
・筋膜へのアプローチについて、勉強し始めている最中で、治療方法や筋の連結・筋膜の構造についての理解を深められた良い機会になりました。
・これまでは少し大まかな治療手技であったり、考え方としても筋膜としてのアプローチが不十分な点があったりと、腰部PAINの機序や原因について改善が困難なことがありました。
・今回学ばせて頂いた考え方や治療手技を活用して、患者さんにより良い治療を提供させて頂くようにしていきたいと思います。
・今後もセミナーの機会がありましたら、宜しくお願い致します。

PT 7年目
・座学や先生の話の中でもいろいろ気づきがあって良かった。
・実技で体験する事で強度などを感じることができて良かった。
・膜という繋がりについて改めて感じることができて良かった。
・丁寧にご指導頂きありがとうございました。

PT 2年目
初めて筋膜に対する治療について学ばせて頂きました。
解剖学や生理学に沿った内容で理解が得やすかったです。

PT 2年目
解剖の知識の大切さを再認識しました。
筋膜アプローチとは?というところの説明をしっかりして頂けたので、治療の意味が少し理解できました。
ありがとうございました。

PT 5年目
基礎がしっかり学べました。
面白かったです。

OT 1年目
筋膜を構成するコラーゲン線維など知らなかった知識を勉強でき、実技では実際に少し体の変化が分かり効果を見ることができました。
説明をたくさんしてくださり、聞きたい事が聞くことが出来、まだいろいろ掴めていないところがありますが、実際に使ってみて、少しでも分かるようになればと思いました。ありがとうございました。

PT 1年目
とても興味のあるセミナーで受講させて頂きました。
少人数制で直接教えて頂く機会が多くとても分かりやすかったです。
実体験も出来て効果も実感しました!
ありがとうございました!!

                【★★BASICセミナー受講生の感想文★★】

PT 9年目
前回の内容と臨床を照らし合わせると、つながる点を感じることができてきた。入院の患者様の理解の難しい痛みや機能改善の乏しい部位・パフォーマンスに役立ててみたいです。

OT 9年目
少人数制で直接タッチの具合など教えていただけるので、わかりやすく臨床に活かしやすいと思います。
一人ひとりが積極的であり、先生への質問もしやすい環境づくりがされています。ただ、一人ひとりたくさんの質問をするので、先生が回ってくるのに時間がかかり、セミナー時間がおしてしまいました。

PT 4年目
今まで漠然とした筋筋膜経腺の理解しかできていなかったです。正しい触診ポイントだったり、ヘドニックポイントの重要性を知ることができ、今後もほかのラインについて知っていたら、治療の幅が広がると思います。ペインクリニックで、患部を触らないよう治療してほしいとの要望がありましたが、その解決に一歩近づいたと感じました。

PT 5年目
・筋膜について少しだが知ることができて良かった。
・急性期の病院で働いているため、創部周囲のアプローチができないことが多いので、筋膜を利用したアプローチを試してみようと思った。

OT 3年目
身体のつながりを知ることで、肩であればそこだけの治療ではないことを知りました。今後に生かしていけたらと思います。

OT 4年目
・丁寧に1つ1つ教えていただいてわかりやすかった。
・デモの時、もう1人サポートがいれば時間短縮になってもう少し多くのことを聞くことができると感じた。
・もう少し治療前後の違いが分かる検査があるといいなと思った。触診だとわかりにくかった。

PT 4年目
少人数制のため、先生の指導が受けやすく、ためになりました。
下肢を治療することで体幹・上肢に変化が出る理由がエビデンスに基づいて説明できるため、臨床で使いやすく、自分の治療の幅が広がると思いました。

セミナー詳細・料金
感動する触り方(ステップアップセミナー全1日)
最新の解剖学と細胞レベルの生理学に基づいた質の高いエビデンス、咽頭期にアプローチをされた時の口腔内で起こる変化を体感し、喉頭挙上に繋がっていく感動を得ます。低刺激でどの患者にも対応ができ今までの治療概念が大きく変わる、運動器からの最新のアプローチをお伝え致します。
喉頭・舌骨の挙上調整(ステップアップセミナー全1日)
世界初となる膜の視点による解剖がアメリカで行われたことにより、喉頭・舌骨の挙上調整が可能となりました。それまでの解剖の見方とは違う人体の正しい捉え方、細胞レベルの生理学に基づいた質の高いエビデンス、筋膜最先端の徒手療法です。
喉頭・舌骨の挙上調整は日本筋膜リハビリテーション協会が推奨している治療方法になります。
感動する触り方
全1日 ¥21,000
喉頭・舌骨の挙上調整
全1日 ¥21,000
開催・会場
楽しく学ぶステップアップセミナー
  日時 会場 人数 参加状況
嚥下障害 6月28日(日) 福岡 20名 ×
7月5日(日) 北海道 20名
8月2日(日) 仙台 20名
9月6日(日) 大阪 20名 ×
9月22日(日) 東京 20名
10月11日(日) 大阪 20名
10月18日(日) 名古屋 20名
11月23日(月・祝) 福岡 20名
12月●●日(日) ●● 20名
●月●日(日) ●● 20名
●月●日(日) ●● 20名
感動する触り方 9月20日(日) 大阪 20名 ×
9月21日(月・祝) 大阪 20名
9月23日(水・祝) 東京 20名
※その他地域での開催は、2016年度より開催予定。 ○:空きあり △:残席少なめ ×:満席  
【ST 限定】BASIC セミナー
  日時 会場 人数 参加状況
BASIC1 ●月×日(△) ××× 20名
●月×日(△) ××× 20名
●月×日(△) ××× 20名
●月×日(△) ××× 20名
●月×日(△) ××× 20名
●月×日(△) ××× 20名
BASIC2 ●月×日(△) ××× 20名
●月×日(△) ××× 20名
●月×日(△) ××× 20名
●月×日(△) ××× 20名
●月×日(△) ××× 20名
●月×日(△) ××× 20名

セミナー内容が実際に臨床で効果が見られない場合は・・・講義費用全額返金いたします。

※ セミナー受講2日後の20時までに、メールにて「全額返金希望」の旨、ご連絡ください。

講義に関するよくいただくご質問をまとめました
どんな痛みでも筋膜リハビリテーションで解消できるのですか?
基本的には、全てではありませんが、脳を除くどのような痛みも対象になります。外傷などによる急性期の炎症での痛みについては、患部にアプローチすることはせず、他の部位から治癒を促通させるように致します。体の多くの不調は生理的な変化によるものが多く筋膜治療が適しているため、効果が高いといえるのです。
講義に参加するとテキストを購入しなければならないなどはありますか?
セミナー費用以外に費用が掛かることはありません。もちろん、講義用資料はセミナー参加者には無料でお配りさせて頂いております。
どんな患者様にも筋膜リハビリテーションの手技は使えるのでしょうか?
筋膜リハビリテーションがお伝えする内容に関しては、その考え方とテクニックになります。
考え方については、TENSEGRITYを基本に筋筋膜経線の理解をしていくので、何十年先でも人間という媒体が変わらなければ、受講生全員がお年寄りになるまで使えると思います。また、一つ一つのテクニックですが、筋膜リリースをベースにしていますので、生理的変化(加齢)により引き起こされる問題の多くを解消することができるのです。また、全身にわたる治療ポイントが何十か所もあり、その治療ポイントとリリース方向の意味を知ることで、自由自在に治療の組み立てが容易にできるようになります。
どのような方がセミナーに参加されていますか?
当セミナーは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の有資格者を対象に行っております。
嚥下障害のセミナーでは、理学療法士2割、作業療法士1割、言語聴覚士7割、程度の方が参加されています。また、経験年数が2年目から10年目の方が多くいらっしゃいます。また、20年を超える方もおられましたし、1年目の方もおられます。
1年目の方でも参加しやすいよう、筋膜の触診なども始めのに全て盛り込んでありますので、ついてこれないということは、今まで一人もおられませんでした。
費用の分割払いは可能ですか?
申し訳ありませんが、セミナー受講費の分割払いはお受けしておりません。一括でのお支払いをお願いいたします。
今までセミナーを受けても、臨床で活かされたことがほとんどないのですが大丈夫でしょうか。
はい。大丈夫です。
筋膜リハビリテーションでは、セミナー後も十分に時間を取り、修得するまでお付き合いさせて頂いております。また、セミナーで臨床での話も沢山入れており、受講生からのご質問をホワイトボードに書き出し、それに対してセミナー中に返答し受講生全員で共有しております。ですので、テクニックだけのセミナーになることはありません。治療するためのロジックとエビデンスをお伝えした後、効果的な治療手技、臨床での問題点の解決をお伝えしておりますので、ご安心ください。
受講生の皆様が筋膜治療の最前線を自由自在に治療場面に活かせると考えています。
筋膜治療は痛みだけを取るのが目的なんですか。
筋膜は、目や心臓、皮膚など全ての組織の中で、一番神経が集まっている組織になります。ですから、痛みが出た場合(筋)膜がほぼ全てに関与しています。また、筋力は筋線維の太さに比例し、筋力の伝達を行うのが筋膜であることは分かっています。筋膜治療を行うことで、筋力の向上、体性感覚の回復など、体のパフォーマンスは驚くほど向上しますし、今まで治らないとされてきたことが次々と治っていくことに感動すると思います。更にいうと、筋膜治療を学ぶことで、全身のパフォーマンスだけでなく、下肢や上肢などから呼吸(胸郭)治療も容易に可能となりますし、胸郭、腹部から嚥下治療が可能となってきます。より問題点を見つけやすく、効果的な治療の助けとなるでしょう。
あなたは今の医療現場でこんなことを感じていませんか?
「腰肩膝」多くの患者が悩み苦しむ根深い痛みさえ筋膜リハビリテーションならすぐに解消へ!!

腰・肩・膝の痛みも確実に解消!最新の解剖学トーマス・W・マイヤースの『アナトミー・トレイン』超実践テクニックセミナー 満員必死!!先着順の濃厚セミナー!!

過去のセミナー満足度100% セミナーに参加して飛躍した成長を遂げたい方はこちらから